■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか


■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。




■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:21-11-2020

減量を始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのに体操しなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早く減量を終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

減量関連の商品では、
「1ヶ月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の体にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、減量というのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、体を壊してしまっては
何のための減量かわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減を1ヶ月の間に実現することが
理想的な減量なんだそうです。

ですから、
1ヶ月に10キロ以上の減量をしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
減量商品のコピーでよく見られる、
1ヶ月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
体への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、減量の鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しい減量をする必要もありません!

また、
「減量=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「ボクにはこらえ性がないから、減量なんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
減量を始めましょう!

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めがねもコンタクトも必要なしのレーシックガイド