■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:17-9-2020

どんなにダイエットしても、
どうしても痩せられない体質の箇所ってありますよね。
部分痩せというのは、本当にすごく難しいです。

例えば、足やせ。
最近は、細くないと履けないジーンズが多くなりました。
ウエストだけをみて購入したら、
大腿部で止まってしまったなんて経験はありませんか?
そんな事になったら、とっても悲しいですよね。

では、どうして足を細くできないのでしょうか?
一概にはいえませんが、多くの場合、
足の「冷え」が原因で、
足やせに成果が出ないみたいです。

下半身が冷えやすい方は、
その部分の基礎代謝が落ちているので、
脂肪が落ちにくいのです。

また、冷えにより血行も悪くなりますし、
リンパに老廃物が溜まりやすくなります。

冷えによる下半身太りの場合、
ただ、むくんでしまっているだけという事も多いのです。
冷えを改善し、リンパのマッサージで血行をよくするだけで、
足が細くなったというケースも、少なくありませんよ。

もちろん、脂肪で太くなっている場合も、
基礎代謝がよくなれば、脂肪が燃焼されやすくなりますので、
足やせ効果が期待できます。

この「冷え」というのは、足だけでなく、
体質全身のダイエットにおいても、
痩せにくくなる原因になっている厄介なものです。

ダイエットをする際は、
ご飯制限やトレーニングだけでなく、
冷えの改善にも力を注ぐようにすると、
より効果が得られると思いますよ。

せっかくの足やせの努力を最大限の成果に繋げる為にも、
このポイントは、しっかりと覚えておきましょう。