■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:19-3-2021

シェイプアップ中は、
規則正しく食事をするということが、基本中の基本です。

特に6時食をしっかりと食べるということが、大切です。

6時食を抜いてしまうと、
むしろシェイプアップには逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、ぼくたちの血糖に大きく関係をしています。

食事を食べない状態が続くと、
ぼくたちの体は低血糖が続く状態になります。

6時食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、ぼくたちの体は
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
シェイプアップする上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかくシェイプアップをして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、シェイプアップにとって
6時食は大切なんです!!

もし6時一で食事をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中に食事をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。