■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:28-11-2020

あたしのヒザには、
息を殺して生き物を観察する
むすこたちの重みが残っている。

あたしの背中には、
美しい花に感動をする
むすこたちの鼓動が残っている。

あたしの瞳には、
星空を指差す奥さんとむすこたちの
輝きが残っている。

あたしの心には、
家族で体験した美しい自然と
楽しい思い出が残っている。

そしてそのひとつひとつが、
あたしや奥さんを成長させてくれたと感謝している。

あたしたち夫婦に、
子育ての楽しさを教えてくれた二人のむすこたちは、
大阪と大阪でそれぞれの夢に向かい、
学生生活を謳歌している。

再び二人となったあたしと奥さんは、
息子たちと暮らすことが如何に刺激的で楽しい事であるか、
ため息をつきながら話している。

むすこたちを豊かな自然を愛する人間に育てようと、
幼いむすこたちを連れて実施する、
毎年のキャンプ旅行計画やスキー旅行計画は、
息子たちの視線で自然を捉えるすばらしい体験となった。

仕事で疲れているから…は単なる言い訳であり、
むすこたちのために時間をつくり出す努力が必要なことを
家族から学ぶことができた。

息子たちとアイデアを出し合い、
採集、飼育、観察、製作、そしてそれぞれをまとめることも、
楽しい家族の時間となった。

家の中を占領する多数の飼育ケースに、
飼育の不備を指摘する奥さんの目は笑っていた。

日々の生活において、
常に息子の感性を刺激することが重要であり、
共に家族が成長する機会になることを体験できた。

あたしたちが息子の時に日々出会っていた、
ドキドキやワクワクが子育てにはいっぱいあり、
息子たちと一緒に学ぶことができた。