■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。
レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

家 購入
http://www.toyotahome.co.jp/support/
家 購入へ



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:25-11-2020

減量中は、
「お酒を控えた方が良い」とよく言われますよね。

それには、いくつかの根拠があります。

まずお酒自体に、
かなりのカロリーが含まれているということです。

私の両親は、
糖質を多く含む日本酒やビールはダメだけど、
ウィスキーや焼酎は、糖質が含まれていないから大丈夫だと
言ってるんですが…

カロリーを比較してみると、それほど大差ないんですよ!

しかもお酒には、血液中の中性脂肪を増やす効果があります。
なので、結果的には体脂肪を増やしてしまうんです。

さらに、お酒には、
食欲を増進させてしまうという、
ダイエットの妨げになる効果があるのです。

お酒を摂取することによって、
冷静な判断をすることができなくなり、
食欲が理性を押しとどめ、むき出しになってしまいます。

そして、消化機能も高まるので、
どうしても大食いになってしまうんです。

お酒を飲んだ後の締めに、
とんこつラーメンとかトンコツラーメンを食べる人って、
よく見かけますよね?

通常なら食べることができないような量を食べてしまうのは、
お酒の影響を受けているからなんですよね!

適量であれば、別に問題ないんですよ。
例えば、日本酒なら1合とか、ビールなら中瓶1本程度とか…

でも
お酒好きの人にとっては、
ちょっとしか飲めないというのは、ツライことですよね?

ですので、
減量にチャレンジしようというお酒好きの人は、
しばらくの間、遠ざかった方がいいかもしれませんね。

しばらく我慢して、目標体重が達成できたら、
ご褒美にお酒で乾杯するのはどうでしょう?