■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:30-7-2020

朝一番多く食べて、
よるにかけて食べる事量を減らしていく、
「朝大、よる小」の食べる事の摂り方が
減量の大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
減量効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食べる事パターンが、
朝は忙しいのでちょっとだけ食べて、
12時はそこそこ食べる、
そしてよるに沢山食べるパターンです。

このような食べる事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
朝はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

朝しっかりと食べることは
1日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食べる事の時間帯であり、
減量に限らず健康面でも重要なことですね。

朝食べずに
12時とよるのみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食べる事方法です。

逆によるはエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食べる事はとても太りやすい!
だからこそよるは食べる事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
減量での正しい食べる事の摂り方は、
朝からよるにかけて摂取カロリーを減らす、
「朝大、よる小」の食事の摂り方になるわけです。

朝しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
よるは脂肪の蓄積を抑えるために食べる事量を減らす。
これが太りにくい食べる事方法であり、
健康面でもとても好ましい食べる事の摂り方なのです。

朝がどうしてもたくさん食べれないという人は、
12時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。